【初心者でも分かりやすい】資産運用の方法を徹底解説

本物の投資家になるために

ウーマン

企業価値こそ株式投資の肝

株式投資をする際に、しっかりと企業価値は算出されていますか。資産運用の初心者の方の多くが、企業価値を無視して大事な資金を投じています。株価が上がっているからと投資をしては、ギャンブルと全く変わりありません。ギャンブルではなく投資をするために、初心者の方が肝に銘じるべきことを2つ紹介します。まず最初のポイントが、価値に資金を投じてこそ投資だということです。一方、価格に資金を投じることは投機、つまりギャンブルに当たります。本当の投資家はチャートを用いません。なぜならチャートでは価格しか分からず、企業の価値を分析できないためです。株価だけを見ていては、本物の投資家にはなれません。チャートは一切見ない、毎日株価をチェックしない、株価の上昇下落に一喜一憂しないことが、資産運用初心者が最初にするべきことです。見るべきものは、企業の経営と財務諸表だけ。財務諸表を読み解き、今後10年間の企業価値を分析しましょう。また、安易に人気銘柄に飛び付かないことも、資産運用初心者は肝に銘じる必要があります。株式投資だけではなく、あらゆる商売で利益を上げるためには、仕入れ値より高く売却しなければなりません。人気銘柄は仕入れ値が高くなり、より高く売却できない恐れがあります。企業価値よりも安い株価の銘柄だけを購入すれば、高く売却できないリスクを大きく抑えられます。株価は必ず企業価値に近づいていきます。割安株投資をすることで、資産運用初心者でも簡単に株式投資から利益は得られます。

リスクを低くする投資方法

資産運用を行なう方法でよく比較されるのが、分散投資と集中投資です。初心者の方は安易に分散投資を選ばず、集中投資で資産運用をするのが無難でしょう。リスクを大きく抑えられるほか、より多くの利益がもたらされます。また、資産運用で多大な負担がかからないのも、集中投資のメリットです。

必要なスキルや能力

資産運用初心者が株やFXを始めるには、事前に計画を立てることが大切です。それと資産運用上級者の意見を聞くことも、投資するうえでの安心材料になるでしょう。また、様々な事を実践していくことで、次の捨てぷアップにも繋がります。

40代から始める投資法

男も40代になると子供の教育費や老後の生活を考えて、資産運用を始める人が増えます。初心者はまずセミナーに通って基本的ノウハウを身につけることが大事です。退職金などの大金を動かすのではなく、毎月1万円程度をコツコツと積み立てることから始めます。そして複数の投資商品を組み合わせて、安定した投資をします。