【初心者でも分かりやすい】資産運用の方法を徹底解説

リスクを低くする投資方法

積み木と紙幣

集中投資を選択しよう

分散投資と集中投資とでは、どちらがリスクが低いかと疑問に思う人も多いでしょう。答えは集中投資です。多くの方は分散投資の方がリスクを抑えられると考えていますが、分散投資は投資家をリスクに晒す投資方法です。これから資産運用を始める初心者の方は、必ず集中投資をするようにしましょう。なぜ分散投資より集中投資がリスクが低いのかは、2つの理由があるためです。まず最も大きな理由が、最適な判断を下せること。資産運用をしていく過程では、何度も重大な決断を下していかなければなりません。常に最適な判断を下すためには、投資対象について精通していることが重要です。自分がよく分からない分野に対し、最適な判断を下せる人はいません。しかし、多くの分野に資金を分ける分散投資では、よく分からない分野に対し判断を下す恐れがあります。もちろん全ての分野に精通することは可能ですが、そのような時間がある方は投資のプロ以外にはいないでしょう。資産運用の初心者の方には現実的ではなく、1つの分野にだけ精通すれば良い集中投資を選択すべきです。また、常に最適な資産管理ができるのも、集中投資がリスクを低く抑える理由です。分散投資を勧める方は、卵を1つのカゴに盛らないから分散投資はリスクが低いと言います。しかし、複数のカゴがあると、常に複数のカゴを管理しなければなりません。管理が疎かになると卵が割れていることにすら気付かず、損失を拡大させかねません。それに対したった1つのカゴだけを管理すれば良い集中投資は、初心者の方でも卵が割れていることに気付かないということはないでしょう。資産をしっかりと管理することは、資産運用で非常に重要な要素です。安易に分散投資をしては、知らないところで損失を出してしまう可能性があるため、きちんと検討することが大切です。莫大な資産を形成している方は、必ず集中投資をされています。初心者の方も豊かな人生を歩むために、集中投資で資産運用をしましょう。