【初心者でも分かりやすい】資産運用の方法を徹底解説

40代から始める投資法

マンション

いきなり大金を動かさない

昔は給料の中から少しずつ銀行預金をしておけば、資産を増やすことができたのです。しかし今は超低金利の時代なので、銀行預金をしても資産は目減りするだけです。40代になると子供の教育費や老後の生活の安定を考える必要があり、そのために資産運用を始める人が多くなります。初心者が資産運用する時の基本的なポイントがあります。それは相場を当てようとしないことです。例えば株をやって一儲けしようと考えると失敗します。先物投資などに手を出しても、ノウハウがないので損をするだけです。初心者が資産運用する場合は、複数の投資対象を組み合わせて、安定した運用を行うのが一番です。そのためには初心者のための資産運用セミナーに参加することが必要です。無料のセミナーもありますから、とりあえず参加してみれば基本的な知識は身につきます。複数の投資対象の組み合わせ方も次第にわかってきます。初心者の場合はいきなり投資をするのではなく、事前の準備が大切です。初心者が陥りやすい失敗例として、いきなり大金を注ぎ込むというやり方があります。例えば退職金を全て投資に回してしまうなどです。資産運用にはリスクが付きものだということを知っていれば、このような無謀なやり方はできないはずです。初心者はいきなり大金を動かさないで、毎月1万程度をコツコツと積み立てていく投資法から始める方がうまくいくのです。そして積み立てを始めたら途中でやめず、最後まで続けることです。